歯科医

小児矯正で見た目もスッキリ|歯並びの改善

増えている歯の病気

医療器具

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌が歯茎に炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。「歯槽膿漏」というの呼び方もあります。痛みなどの自覚症状がほとんどないため、進行しやすい病気です。放置しておくと、歯肉が腫れたり、出血などの症状が起こります。さらに症状が進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、歯が抜ける原因となります。日本人の80%以上がこの歯周病にかかっていると言われています。


何が原因なのか歯垢(プラーク)の中の歯周病菌の繁殖が原因となります。この歯垢は、食べ物などの残りカスではなく、その残りカスに細菌がくっついて繁殖してできた、ネバネバの細菌の塊が歯垢です。
また、これらの細菌は、24時間で繁殖すると言われています。そして、この歯垢を約2日間放置しておくと歯石となり、ハミガキでは除去できない状況となります。
この歯垢と歯石を放置してしまうと、歯周病の原因となってしまいます。

軽度である場合は、歯垢、歯石除去を行い、口腔内を掃除します。中度、重度にある場合は、口腔内の掃除および炎症している歯茎に薬品を塗布するなどの殺菌治療も行います。また、正しいハミガキのやり方の指導により、進行を抑え、改善を促します。
予防としては、毎日のハミガキで歯垢を落とすことが重要です。くわえて、定期的に歯医者で健診を受け、歯石を取ってもらうことや、早期発見、早期治療をすることも大切です。